スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療系英語

ふくらはぎを細くするための手術について

医療系の単語多数です。

Comparison of various methods to reduce calf
There are many methods which can reduce the calf muscle.


さまざまな方法のふくらはぎ縮小の比較。
ふくらはぎを縮小する為のたくさんの方法があります。

Botox injection to Gastrocnemius Muscle
大きな筋肉へのボトックス注射
Botox injection to Gastrocnemius muscle is very simple
and was popular about 10 years ago.


大きな筋肉へのボトックス注射はとてもシンプルで
10年前から人気があります。

But its ineffectiveness and need for frequent injection have
made this method useless and it is rarely used nowadays.


しかし、効果が得られない、頻繁に注射する必要があることから
最近ではあまり使われない方法です。

It can temporarily reduce the prominence of Gastrocnemius
a little bit and the patients need repeated injection every 4 to 6 months.


一時的にほんの少し目立つ筋肉を減少できるが4.6ヶ月おきに注射する
必要がある。

Nerve Block by Transection, Toxin injection, Radiofrequency Ablation
神経遮断処理、毒注射、ラジオ周波切除

By blocking the motor nerves to Gastrocnemius muscle,
it can induce the atrophy of Gastrocnemius muscle.


運動神経の切除は大きな筋肉の萎縮で細くできる。

Eventhough this method is simple and leaves minimal scar
(Toxin injection or Radiofrequency Ablation), these nerve blocking have
some disadvantages and produce unsatisfactory result:


たとえこの方法がシンプルで傷が少なくても、(毒の注射、ラジオ周波切除)
神経を損傷すれば不満足な結果になる。

Because nerve transection can reduce
only medial Gastrocnemius muscle,


なぜなら神経の処理は中央の大きい筋肉しか縮小できないからです。

the lateral Gastrocnemius can be hypertrophied and
the legs can be looked bowed.


側面の大きい筋肉は肥大して、足の見た目はよくなくなる。


Because the calf circumference decrease little to none
(below 2 cm), the satisfaction rate for patients is low.


ふくらはぎの周辺減少する人が少ない(2cmほど)満足する患者は少ない。

The result is unpredictable.

結果は予測できません。

That means even the doctor can't predict how much muscle will be atrophied.

医者はどのくらい萎縮するかは予測できないのです。

Because of the nerve anomaly (over 15%), the risk of injury
to other nerves and important vessels are high.


神経は例外もあり(15%以上)他の神経や重要な欠陥の損傷の
リスクが高いです。

The recurrence and asymmetry are frequent and can't be treated effectively.

回復と左右対称は治療できない。

Radiofrequency Muscle Ablation

ラジオ周波切除

Ablating the muscle can induce fibrosis and contracture in muscle.

筋肉切除は線維症や筋肉収縮を誘発します。

Eventhough this fibrosis and contracture make the muscle
bulk reduced in volume, it also make many stony hard scar
in muscle and secondary correction is extremely difficult.


たとえ線維症や筋肉収縮でボリュームが減っても
筋肉に硬くて大きな傷ができ、第二に修正が特に難しい。

The postoperative recovery is long and
reduction in calf circumference is not enough.


外科手術後の.回復は長くふくらはぎの縮小は十分ではない


Partial gastrocnemius muscle resection

部分的なふくらはぎの筋肉切除

This is the safest, most predictable and effective procedure that
can make a remarkable change both in shape and circumference of calf.


これは安全で術後の予想ができる。
目だったふくらはぎの縮小ができます。

By resecting the part of medial
and lateral Gastrocnemius muscle,
we can control where and how much muscle could be removed
and predict the result more accurately.


中央部の切除、側面の筋肉、私達はどのくらい筋肉を除去するか
コントロールでき、結果も正確に予想できる。

Because there are no important vessel
or nerves inside of muscle fascia,
there is no risk of nerve or vessel injury.


なぜなら重要な血管、神経、又筋肉の中の神経はなく、
血管、神経の損傷とリスクもない。

Eventhough the postoperative recovery period is long, it worth it !
たとえ外科手術後の回復期間が長くても、その価値があります!


愛あるクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へにほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 英語日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。